レンタルドレスを選ぶ際に考慮したいポイント

結婚式やパーティに出席するにはドレスが必要ですが、購入しても着用機会はそう多くありません。例えば結婚式の披露宴など、着用機会が限られる時にはレンタルドレスが適しています。ただし、借りる前に見ておくべきポイントはたくさんあります。

まず考慮しなければいけないのは料金です。レンタルドレスは手頃な費用で借りられますが、料金はドレスの種類によって異なります。基本的に上質なものは価格も高い傾向にありますので、必ずチェックしておきましょう。なお、事前に予算を決めておくと選びやすくなります。

クリーニング代も確認しておきましょう。レンタルドレスは借り物のため、取り扱いには細心の注意を要します。しかし、扱いを間違えて汚してしまったり、食べ物のシミが付いたりする可能性もゼロではありません。そのため、返却後にクリーニング代を請求されるケースも考えられますが、業者によってはレンタル費用に含まれています。反対に後日請求のところもあるため、事前に確認しておきましょう。もし心配がある方は、補償の有無も見ておくことをおすすめします。レンタルドレスの業者によっては独自補償を用意しており、所定の料金を支払うことでクリーニング代や補修代が免責されるところもあります。トラブル防止にもなりますので、何かあった時の備えとして有用です。ただし、補償の規定は業者によって異なるため、不安がある方は聞いておくと安心です。

サイズもチェックする必要があります。レンタルドレスはデザインのバリエーションが豊富なだけでなく、サイズの幅広くそろえている店舗が多くあります。デザインは重要ですし、自分好みの一着を選びたいと誰もが考えますが、時分にぴったり合ったサイズのドレスを選ぶことは重要です。サイズがきちんと合っていると、シルエットのラインも美しくなり、デザインがより映えるでしょう。着心地にもつながることなので、必ず確認しておきましょう。表記サイズと実際に着用した時のサイズ感が異なる場合もあるため、可能であれば直接お店へ足を運び、試着してみると、自分に合っているか判断することができます。

もしアクセサリー類をお持ちでない方は、小物類のレンタルについても見ておきましょう。別料金が必要な場合もありますが、業者によってはドレスとセットで提供しています。一度にまとめて借りることで費用を節約できますし、別途購入する手間も省けます。トータルコーディネートできるので、よりおしゃれな装いになります。



新着情報

[2020年11月09日]  ホームページを更新しました。